私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

世界の謎と不思議の探検7 世界の七不思議(注目すべき建造物)6 アレクサンドリアの大灯台

アレクサンドリアの大灯台は史上最大の灯台である。そのうえ、世界で最初に作られた灯台だという話もある。さすがに本当に世界最初の灯台だとは信じがたいが、世界の七不思議にふさわしい巨大建造物である。
その高さはなんと134メートル。現在、世界で最も高い灯台はサウジアラビアのジッダ灯台であり、その高さは133メートルである。約2300年前に建てられた灯台が現在の灯台よりも巨大だなんてなんというロマンだろう。

 

PHAROS2006  

Emad Victor SHENOUDA

アレクサンドリアの大灯台(想像図)

紀元前300年頃に建てられた灯台である。高さは134メートルあり、50キロメートル以上の距離からも光を見ることができたと言われている。

 

続きを読む

今までの蛍光ペンが不満ならこれを試そう 文字がにじまず、疲れにくい蛍光ペン モジニラインが届いた

にじみやすいインクでにじみやすい用紙に印刷し、インクがたくさん出るペンを使っているのに、文字がにじむのは嫌な私が購入した文字をにじませないという蛍光ペンゼブラ ジャストフィット モジニライン 蛍光ペン ピンク WKS22-P (× 5本 )が届いた。

 

ちなみに前回の記事はこちらをご覧いただきたい。

www.chatesen.info

本当に文字がにじまないのか。わがままな私の要求に応えてくれるのか。早速試した。

 

f:id:chatesen:20200607102207j:plain

ゼブラ ジャストフィット モジニライン 蛍光ペン ピンク

 

続きを読む

文字がにじまず、疲れにくい蛍光ペン 私のふざけた要求に応える蛍光ペンは存在するか

 

日本大学と日本色彩研究所が蛍光ペンの効果について行った研究によると、ピンクの蛍光ペンを使用すると疲労度が低く効果も高いということである。私はピンクの蛍光ペンは使っておらず、ほとんどの場合、オレンジの蛍光ペンを使っている。試しにピンクの蛍光ペンを買うことにした。

f:id:chatesen:20200606223216j:plain



蛍光ペンを多様する私には大きな不満がある。それはインクジェットプリンターで印刷したものに蛍光ペンで文字をマークしているので、文字がにじんでしまうということである。これが非常に不愉快だ。勉強する気が一気に失せてしまう。

インクジェットプリンターのインクは、水に顔料または染料のインクを溶かしたもの。蛍光ペンのインクもまた水に顔料か染料のインクを溶かしたものだ。似たような性質なので、インクジェットプリンターで印刷した文字を蛍光ペンでなぞると文字がにじむのも当然である。

また、インクがかすれるのも嫌だ。インクがかすれるだけで勉強する気が一気に失せてしまう。

※もともとなかったという説もある。

なので、基本的には直液式のインクがたくさん出る蛍光ペンが好きだ。ところが、インクがたくさん出るということは文字のにじみにつながりやすい。しかも私は文字は顔料で印刷したものよりも染料で印刷したもののほうが読みやすいと思っている。一般には顔料インクのほうが綺麗だと言われているが。


※顔料は紙の表面に色が残るもの、染料は紙に浸透するものと考えて良い。

染料インクは顔料インクよりにじみやすい。

 

さらに私はほぼ再生パルプで作られた再生紙を使っている。値段も少し高いが、市役所などで使われている用紙であり、少し黄色がかった色の用紙である。こういう用紙は天然パルプ100%のものよりもインクがにじみやすい。

 

つまり私はにじみやすいインクでにじみやすい用紙に印刷し、インクがたくさん出るペンを使っているのに、文字がにじむのは嫌だという非常にわがままな人間である。こんなふざけた要求に応える蛍光ペンは存在するのだろうか。

続きを読む

世界の謎と不思議の探検6 世界の七不思議(注目すべき建造物)5 ロードス島の巨像

エーゲ海南東に位置するロードス島は以前マウソロス霊廟の回でも触れたように歴史上重要な島である。

www.chatesen.info

 

 

エーゲ海の出口付近でアナトリア半島南部にも近く、重要な航路の中間に位置しているからだ。様々な勢力の争いに何度も巻き込まれた島でもある。
オリエント世界とギリシア世界を制覇したマケドニアのアレキサンダー大王(アレクサンドロス3世)。彼は紀元前323年に亡くなったが、後継者を定めなかった。そのため、大王の帝国は後継者の地位をめぐって争いが起きた。有力だったのが、エジプトを拠点としたプトレマイオス、マケドニアのアンティゴノス、中東を拠点としたセレウコスである。この戦争はディアドコイ戦争と呼ばれている。ディアドコイとは「後継者」という意味である。

 

Alexander and Bucephalus - Battle of Issus mosaic - Museo Archeologico Nazionale - Naples BW

  Berthold Werner / Public domain

 マケドニアのアレキサンダー大王はギリシア世界とオリエント世界にまたがる広大な地域を征服したが、後継者を定めずに亡くなったため後継者の地位をめぐって争いが起きてしまう。

 

続きを読む

4デバイス同時充電可。怪物のようなケーブルが届いた

昨日注文した4デバイス同時充電ケーブルが届いた。

f:id:chatesen:20200603221908j:plain


きちんとした箱に入っている。

f:id:chatesen:20200603221943j:plain

 

Lightning×2本、USB Type-C×1本、MicroUSB×1本の端子が搭載されている。

f:id:chatesen:20200603222004j:plain

続きを読む

世界の謎と不思議の探検5 世界の七不思議(注目すべき建造物)4 オリンピアのゼウス像

新型コロナ感染症の影響で東京オリンピックが延期となってしまい非常に残念だ。
今回を含め、東京でオリンピックが開催されることになったのは3回目。1回目の東京オリンピックは1940年に開催されるはずだった。これはアジア初、有色人種の国家初のオリンピック開催となるものだったが、日中戦争の影響などから開催権を返上、中止となってしまった。その時に東京の代替地として、フィンランドのヘルシンキでオリンピックが開催されることとなったが、こちらの方もヨーロッパで第二次世界対戦が始まったために開催されなかった。

 

Poster Olympische Sommerspiele Tokio 1940

1940年に開催されることになっていた東京オリンピックの案内

 

 

Lutheran Cathedral Helsinki

代替地ヘルシンキで開催されることになったが、第2次世界大戦が始まったことにより、こちらも中止となった。写真はヘルシンキ大聖堂

© Hans Hillewaert

 

続きを読む

iPhone、iPad、Androidなど4つのデバイスに同時に充電できるケーブルを購入した

 いきなり言葉遣いが悪くて恐縮だが、この充電用ケーブル、作った人はバカとしか思えない。ここでのバカとはもちろん褒め言葉だ。

 

このケーブルの何がすごいかといえば、Lightning×2本、USB Type-C×1本、MicroUSB×1本の端子を搭載している点である。

 

ということは、iPhone×1台、iPad×1台、Androidのスマホ×1台、Androidのタブレット×1台という変人的な組み合わせでの同時充電がこのケーブルでできるということだ。こんな怪物を開発した人は一体何者なのだろう。

しかも、合計で最大3.5Aまでの電流に対応しているので、一般的な充電ケーブルよりもずっと高速に充電できるという。

※端子それぞれは2.0Aまで対応

 

続きを読む