私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

米国株毎月配当作戦3 フィリップモリスを加えよう

タバコは銘柄により価格が異なるが、すでに1箱500円程度となっている。1日1箱ずつ吸ったとすると、500×365=182500円。とんでもない金額である。2箱吸う人ならなら365000円!海外旅行に行ける金額だ。私立文系大学卒会社員の当方にとっては天文学的金額と言っても良い。
しかも喫煙は様々な病気のリスクを高めてしまう。私もほんの一時期吸っていたが、今は吸っていない。
ただし、私は嫌煙家ではない。バーや飲食店でタバコを吸っている人がいてもどうとも思わない。

たばこ税の税率はどんどん上がっている。増税直後は禁煙に励む人が多いが、禁煙に成功した人は私の周りにはあまりいない。たばこ税の税収もおよそ2兆円をずっと維持している。

こんなタバコ界で世界に君臨するのが誰でも知ってるタバコ会社、フィリップモリス(PM)である。フィリップモリスはアメリカ合衆国に本社を置く世界最大のタバコ会社であり、主な銘柄は「ラーク」、「マールボロ」、「バージニア・エス(旧:バージニア・スリム)」「パーラメント」など。これらはタバコを吸わない人でも聞いたことくらいはあるだろう。

最近では加熱式タバコアイコスを販売している。アイコスは国内シェアが7割程度にも及ぶ人気の商品である。しばらく前には入手困難になったほどである。

フィリップモリスタバコ 金属スズヴィンテージ安全標識警告サインディスプレイボードスズサインポスター看板建設現場通りの学校のバーに適した

世界中でタバコを売りまくりタバコ界を支配する巨大企業フィリップモリス。
そんなフィリップモリスの配当支払月は1月、4月、7月、10月。他の株では埋められなかった1月をうまく埋めてくれる。

 

配当支払月カレンダー

※太字はすでに保有している銘柄

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コストコ                
コカ・コーラ                
マイクロソフト                
アップル                
フィリップモリス                
配当企業数 1 2 2 1 2 2 1 1 3 1 3 1

 

米国株毎月配当作戦実施中の私にはぴったりの銘柄である。

 

なお、配当金は突然額が引き下げられることがあるし、もらえないこともある。また、この表はあくまでも過去の実績から作成したものであり、今後もこのようなスケジュールで支払われるとは限らない。株の購入は必ず自己責任でお願いしたい。何があっても当方は一切の責任を取らない。

 

 

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ネイビー

iQOS(アイコス) 2.4 Plus ネイビー

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 
IQOS 3 DUO / 3 (アイコス) シリコーンスリーブ マリン

IQOS 3 DUO / 3 (アイコス) シリコーンスリーブ マリン

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品