私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

ダウの犬作戦開始

米国株毎月配当作戦に加え、ダウの犬作戦を開始する。
ダウの犬は米国株投資法で有名なものの一つである。ダウ工業株30種平均株価を構成する銘柄のうち、配当が高い銘柄を10銘柄購入。1年間保有後、その時点での高配当銘柄と入れ替えるという方法である。もちろん、購入した銘柄のうち、1年経過後も高配当を維持していたらそのまま保有を継続する。米国株は配当が高い上に、ダウ平均の算出に使用されるような大企業でも、現在においても成長を続けている例が多い。かんたんなわりに非常に有効な方法と言えるだろう。

f:id:chatesen:20200216070608p:plain

なお、現時点でのダウ工業株30種平均株価採用銘柄のうち、高配当なものは以下のとおり。

  銘柄 ティッカー 利回り 株価
1 エクソン・モービル XOM 5.04 68.56
2 IBM IBM 4.7 138.31
3 ベライゾン・コミュニケーションズ VZ 4.16 60.13
4 シェブロン CVX 4.1 115.58
5 ファイザー PFE 3.74 40.51
6 ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス WBA 3.36 54.41
7 スリーエム MMM 3.2 181.35
8 シスコ・システムズ CSCO 2.85 49.02
9 キャタピラー CAT 2.83 147.78
10 コカ・コーラ KO 2.82 56.94

2020/1/17現在

誰でも聞いたことがあるような有名な大企業が多い。こういう企業が現在でも成長しているのが米国経済のすごいところである。先進国なのに人口増、労働人口増、経済成長が続く国。米国。

これらの銘柄を徐々に買っていくことにしよう。

 

当記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。