私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

チャールズ・エリス 『敗者のゲーム』 負けを重ねることで勝負が決まる市場

すでに何度も取り上げているように、米国株を中心に個別銘柄をいくつも購入しているが、S&P500に連動するETF、SPDR S&P500 ETF(SPY)も購入している。この投資信託の説明によると、「総資産残高が1位の世界最大のETF」だそうである。
基準日2020年1月24日の価格は328.77ドル、配当は米国らしく年4回。配当利回りは
1.91%と、米国株としては特に高くはないが、なんと言っても、長年に渡り上がり続けているS&P500と連動している。負けない投資を続けるために継続して買い続けていきたい。

敗者のゲーム〈原著第6版〉 (日本経済新聞出版)


世界的名著と言えるチャールズ・エリス 『敗者のゲーム』では、現在の市場は、勝つためのプレーによって勝つようなゲームではなく、敗者が負けを重ねることにより勝負が決まるという状況であり、負けない戦略こそが大切だとする。そのためにインデックス・ファンドを用いるべきだとしている。

 

 

 

当記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。