私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

複利の効果を得やすい米国株の利点1 買い増しをしない状況ではどうなるか。

米国株は1株から買うことができる。ということは少ない資金で株を買えるということである。
これは複利の効果を得やすいということである。

ここで100万円を米国株と日本株に投資した場合を考えてみようと思う。
条件は以下のとおり。


株価は30年間ずっと変動しないものとする。
配当利回りは4%とする。
これは日本株ではなかなかない高配当であるが。


米国株(A)
1株1万円の株を100株買う。
1株ずつ売買することができる。

日本株(J)
1株1万円の株を100株買う。
100株単位でしか売買不可能。

まずはいずれの株も、どれだけ配当が入っても、一切買い増しをしないこととする。
つまり、元本の株に対しての配当しかもらえない状態である。

なお、計算を簡略化するため、為替、税金、手数料は考慮しない。

 

買い増しを行わなかった場合の残高の推移

年数 A(米国株) J(日本株)
0 100.0 100.0
1 104.0 104.0
2 108.0 108.0
3 112.0 112.0
4 116.0 116.0
5 120.0 120.0
6 124.0 124.0
7 128.0 128.0
8 132.0 132.0
9 136.0 136.0
10 140.0 140.0
11 144.0 144.0
12 148.0 148.0
13 152.0 152.0
14 156.0 156.0
15 160.0 160.0
16 164.0 164.0
17 168.0 168.0
18 172.0 172.0
19 176.0 176.0
20 180.0 180.0
21 184.0 184.0
22 188.0 188.0
23 192.0 192.0
24 196.0 196.0
25 200.0 200.0
26 204.0 204.0
27 208.0 208.0
28 212.0 212.0
29 216.0 216.0
30 220.0 220.0

 

どちらの場合も、30年で220万円となる。単利でも、結構なお金になる。一切買い増しをせず、株価も変動しないという状況でも予想外の健闘である。

ここで、おまけとして、みんな大好き普通預金に100万円預けたらどうなるかを見てみよう。ある大手都市銀行の普通預金は金利0.001%のようだ。

 

普通預金の残高の推移

年数 普通預金残高
0 100.000
1 100.001
2 100.002
3 100.003
4 100.004
5 100.005
6 100.006
7 100.007
8 100.008
9 100.009
10 100.010
11 100.011
12 100.012
13 100.013
14 100.014
15 100.015
16 100.016
17 100.017
18 100.018
19 100.019
20 100.020
21 100.021
22 100.022
23 100.023
24 100.024
25 100.025
26 100.026
27 100.027
28 100.028
29 100.029
30 100.030

 

EXCELで計算しているのだが、小数点第1位までの表示では、見えない部分でしか金額が変動していない。なんと悲しい状況だろう。
30年で300円の増加。普通預金は、株式と異なり、安全性が極めて高い商品ではあるが、100万円という大金を30年間も寝かして300円の報酬は少なすぎる。休日に3回ATMでお金を下ろしてみよう。30年寝かせたことによる果実はもうなくなってしまう。