私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

ダウの犬作戦は日本でも可能か1 日本版ダウの犬作戦「日経の犬作戦」の銘柄は?

先日、「ダウの犬作戦開始」で触れたように、ダウの犬作戦とはダウ工業株30種平均株価を構成する銘柄のうち、配当が高い銘柄を10銘柄購入。1年間保有後、その時点での高配当銘柄と入れ替えるという方法である。

f:id:chatesen:20200724215137j:plain

 

この方法は日本株でも可能だろうか。

まず、日経平均採用銘柄のうち、配当が高い順である。

 

日経平均採用銘柄配当利回りランキング

銘柄 コード 株価 利回り 必要金額
JT 2914 2316 6.65% 231600
出光興産 5019 2765 5.79% 276500
あおぞら 8304 2962 5.27% 296200
東邦鉛 5707 1908 5.24% 190800
SUBARU 7270 2760 5.22% 276000
日本郵政 6178 996 5.02% 99630
松井証 8628 897 5.02% 89700
三菱ケミHD 4188 800 5.00% 80000
双日 2768 347 4.90% 34700
住友商 8053 1638 4.88% 163800
         

※2020年1月31日現在

 

日経平均採用銘柄は225銘柄である。結構配当が高い銘柄が多い。すべて購入すると173万8930円必要になる。

なお、ダウの犬はダウ工業株30種を用いる。日経平均採用銘柄ではなく、TOPIXコア30の配当上位銘柄を見てみよう。

 

TOPIXコア30採用銘柄配当利回りランキング

銘柄 コード 株価 利回り 必要金額
JT 2914 2316.0 6.65% 231600
三菱商 8058 2823.0 4.68% 282300
三井住友FG 8316 3884.0 4.63% 388400
みずほFG 8411 162.5 4.62% 16250
三菱UFJ 8306 568.5 4.40% 56850
武田 4502 4227.0 4.26% 422700
三井物 8031 1960.5 4.08% 196050
ホンダ 7267 2831.0 3.96% 283100
NTTドコモ 9437 3107.0 3.86% 310700
東京海上 8766 5985.0 3.76% 598500

※2020年1月31日現在

すべて購入すると278万6450円必要だ。日経平均採用銘柄とコア30のどちらで銘柄を選択しても、日本を代表するような銘柄が並んだ。どちらも配当利回りは高い。

日本株でもダウの犬作戦は可能なのだろうか。銘柄を見る限り、配当は良いが成長性に関してはどうだろう。継続して見ていく必要がありそうだ。

 

当記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。