私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

単利運用で資金を2倍にするには何年必要か 100の法則

先日、資金を複利で運用して2倍にするには何年かかるのかを簡単に知る方法として72の法則について書いたのだが、単利ではどのくらいの年数がかかるのだろう。

現在の資金の量が100%なのだから2倍になるということは200%になるということ。つまり、資金が100%増えれば良いので、

 

 

100÷金利=資金が2倍になるのに必要な年数

 

である。これは当然といえば当然か。

以前、日本株と米国株の比較で、日本株はほぼ単利運用となってしまうので、資金が増えにくいということを書いた。

100の法則


資金を増やしたければ、なんとかして複利で運用すべきということだろう。

 

買い増しを行わなかった場合の残高の推移(金利4%の場合)

年数 A(米国株) J(日本株
0 100.0 100.0
1 104.0 104.0
2 108.0 108.0
3 112.0 112.0
4 116.0 116.0
5 120.0 120.0
6 124.0 124.0
7 128.0 128.0
8 132.0 132.0
9 136.0 136.0
10 140.0 140.0
11 144.0 144.0
12 148.0 148.0
13 152.0 152.0
14 156.0 156.0
15 160.0 160.0
16 164.0 164.0
17 168.0 168.0
18 172.0 172.0
19 176.0 176.0
20 180.0 180.0
21 184.0 184.0
22 188.0 188.0
23 192.0 192.0
24 196.0 196.0
25 200.0 200.0
26 204.0 204.0
27 208.0 208.0
28 212.0 212.0
29 216.0 216.0
30 220.0 220.0

米国株も日本株も一切買い増しをしなければ、単利運用となり、100÷4=25で、資金が2倍になるまでに25年かかることがわかる。

これが複利なら72÷4=18で、およそ18年で資金が2倍になる。

72の法則

 

 

 

 

当記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。