私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

その時米国が動いた10 コロンブスの出航

1492年8月3日、コロンブスは3隻の船でパロスの港を出港した。パロスはスペインのほぼ西端の湊町である。船団はカナリア諸島まで南下し、ここで様々な物資を積み込む。
ところで、コロンブス船団が用いた船はどのようなものであったのだろう。

 

コロンブスの船団

船名 船の種類 サイズ 排水量
サンタ・マリア号(旗艦) ナオ船 全長23.5m,幅7.29m およそ150トン
ニーニャ号 キャラベル船 全長21m,幅6.28m 60トン
ピンタ号 キャラベル船 全長18-24m,幅6.28m 80トン

※サイズ、排水量には諸説ある。

 

 

最大のサンタ・マリア号でさえも全長23.5m程度である。喫水は2.1mしかない。当時としては一般的なサイズではあるが、こんな小さな船で大西洋の大海原に乗り出し、ジパングを目指すのだからすごく勇気を必要としたことだろう。
ちなみに1405年に、明から大航海を行いアフリカにまで到達した鄭和の艦隊のうち、旗艦である宝船のサイズは全長137m、幅56メートルである。鄭和より80年以上後にして比べ物にならないほど小さな船でコロンブスは西へ向かった。

 

Santa-Maria

Dietrich Bartel (my father) / CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)

サンタマリア号の復元模型

 

9月6日にカナリア諸島を出航。いよいよ西に向かった。最初は順調な航海だったが徐々に船足が遅くなってしまう。サルガッソー海付近に到達したのだった。

サルガッソー海は魔の海として知られている。風が弱く、帆船での航海が困難な海である。時計回りに流れる海流の中央部となっており、大西洋中から船の残骸や幽霊船が集まってくる場所だとされていた。集まった海藻や残骸が船に絡みつき、前に進めなくなったことでとうとう船員が全滅してしまった船もあるという言い伝えがあった。

コロンブス船団の羅針盤も狂ってしまっていた。それでも西へ進むと、やがて風が回復してきた。途中何度か陸地を発見したと思ったことがあったが、それは誤認であった。船員たちの不安はピークに達し、不穏な空気が流れてきた。

f:id:chatesen:20200331004605j:plain

コロンブス第1回航海の航路-パロス出航後、カナリア諸島まで南下し、西へ向かった

図の赤線はコロンブス船団の航路、青矢印は海流の流れる向きを表している。サルガッソー海の中心付近は海流の流れも弱く、浮遊物が集まりやすい。