私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

その時米国が動いた23 旧大陸から新大陸へサトウキビが渡った

旧大陸と新大陸から渡ったものの一つさとうきびがある.

サトウキビは旧大陸とはいっても、ニューギニアあたりで栽培が始まったものであり、旧大陸の作物という印象は薄いとは言える。
原産地はニューギニアではなく、インドであるという説もある。もしインド原産だとすると、たしかに旧大陸の作物のような気はする。

f:id:chatesen:20200510144110j:plain

サトウキビはテンサイとならんで砂糖の主要な原料である

 

とにかくサトウキビはヨーロッパ人の手によってアメリカ大陸に渡る。
それではサトウキビの生産量を見てみよう。
ブラジルが圧倒的な生産量を誇っている。次がインド、その次は中華人民共和国である。いずれもさとうきびの印象がさほど強い地域ではないような気がするが、面積の広さも手伝っているのだろう。
また上位10カ国には入るほどではないか、台湾やキューバなどでも大規模に栽培されている。日本では南西諸島で多く栽培されている。沖縄県と奄美群島が日本での生産量の大部分を占めている。九州本土ではある程度は生産されているが南西諸島と比べると、やはり量はわずかである。

f:id:chatesen:20200510144531j:plain

サトウキビは強力な軍事力を誇った薩摩藩の財政を支えた作物の一つであると言われている

 

サトウキビは砂糖の原料として非常に重要な作物であり、あの強力な薩摩藩の財政を大きく支えたという説もある。そのために沖縄や奄美は薩摩藩により厳しく税を取り立てられたとも言われている。薩摩は砂糖を容易に手に入れられる地域ということもあり料理に砂糖が多く使用される。

 

 

f:id:chatesen:20200510144637j:plain

琉球と奄美で砂糖は大規模に製造された。両地域を支配下に置く薩摩藩は厳しく税を取り立てた。

 

あの篤姫も実家の薩摩から送られてくる砂糖を使った菓子などによって人々の心をつかんでいたという話もある。

f:id:chatesen:20200510145543j:plain

薩摩出身の篤姫は実家の島津家から送られてくる砂糖を使ったお菓子を振るまい、皆に人気があったという話がある


 

カリブ海周辺の諸国ではサトウキビの搾りかす廃糖蜜を使ってラム酒が製造されている。ラムという言葉の語源は諸説あるが、有名な物はバルバドス島周辺の原住民が酔って騒いでいる様子を見たイギリス人が興奮を意味するrumbullion(ラムバリオン)から作った言葉だというものだ。

カリブ海周辺地域には1492年のコロンブスによる到達以降にヨーロッパ人がサトウキビを持ち込んだと言われている。これによりカリブ海の島々はサトウキビの大生産地となった
ラム酒自体はカリブ海のどこが原産なのかということは明らかにはなってはいないが、少なくとも17世紀頃には存在していたものといわれている。

Pirates of the Caribbean- Battle for the Sunken Treasure (29540385511)

Jeremy Thompson from Los Angeles, California / CC BY

カリブの海賊はラム酒を好んで飲んでいたと言われている。(写真はJeremy Thompson氏によるものです)

 

ラム酒の中にはかの有名なスピリタスの90度を超えるという度数には及ばないが、75.5度という非常に高い度数のものがある。私も時々飲んでいたが、のどが焼けるような味である。

75.5度に及ぶ高い度数を誇るラムである

 

 

バカルディは 世界中で人気があるラムである。カクテルのベースとしてもよく使われる。

 

マイヤーズはダークラムであり、お菓子の香り付けとしてもよく使われる。もちろん飲んでも非常に美味しく、一口飲めば気分はカリブ海である。

 

 

 

これも人気があるラムである。ラベルのモデルは実在の人物ヘンリー・モーガン。彼はカリブ海で活躍した伝説的海賊。一口飲めば気分はカリブ海の海賊だ。