私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

Championのロゴが鬼の顔にしか見えなくなった

鬼と言っても、最近連載が終了したマンガのことではない。

スポーツ系衣料品を製造しているChampion(チャンピオン)というアメリカのメーカーがあるが、このブログをご覧のほとんどの方がご存知だろう。以前は現在よりももっと人気があり、売上も現在よりはるかに多かったようだ。

売上が以前よりは下がっているとはいえ、現在でも人気があり知名度が高いスポーツ衣料品メーカーであることには違いがないだろう。ちなみにChampionはヘインズの子会社だそうだが、それは全く知らなかった。

このChampionのブランドブランドロゴはChampionの頭文字である C を図式化したものであり、このロゴもほとんどの方が目にしたことがあるだろう。

 

およそ1年ほど前だろうか。私の知人F氏から「Championのロゴが鬼に見えると子供に言われてからロゴが鬼にしか見えなくなった」というようなことを聞いた。詳しくは覚えていないので詳細は間違えているかもしれないが。

それ以来私もChampionのロゴが鬼の顔にしか見えなくなった。横倒しになった鬼の顔である。すごい笑顔で可愛い鬼。google で調べてみても現時点で同様の指摘は見つけられなかったが、もはや今私たちにとってChampionのロゴは笑顔の鬼の顔にしか見えない。

この記事を読んだ方はもはやChampionのロゴが笑顔の鬼にしか見えなくなっているだろう。「Champion鬼の輪の会」はいつでも門戸を開いている。

 

 

 どう見ても横倒しになった鬼の笑顔である。ものすごい笑顔だ。