私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

楽天モバイル体験記2 楽天モバイルの利用で楽天スーパーポイントの倍率がさらに上がった。楽天経済圏に更に浸かってみる。

f:id:chatesen:20200726225448j:plain

 

もともと私は以下の楽天のサービスを使っている。今回楽天モバイルのスマホを申し込んだので、さらに楽天モバイルも加わることになった。楽天グループのサービスは同じアカウントで利用できるものも多いので設定や申し込みもけっこう楽だ。


楽天市場
楽天カード
楽天銀行
楽天証券


なお、ポイントをほとんど気にしない私は知らなかったが、楽天にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というものがあり、楽天のサービスを利用し各条件を満たすと楽天市場でもらえるポイントがどんどん増えていくらしい。

 

例えば、楽天会員はポイントが1倍=100円利用ごとに1ポイントがもらえる。それに加え

 

楽天カードを持っていると+2倍
楽天銀行を引き落とし口座に指定すると+1倍
楽天モバイルを使うと+1倍

 

などという感じで、楽天のサービスを使用していると条件に応じてもらえるポイントが増えていく。

 

楽天証券を使っているので楽天証券のクリア条件を見ると、楽天証券でポイントを利用して株や投資信託を購入できる設定を行い、ポイントを使って投資信託を500円以上購入すると+1倍になることが分かった。

早速、いつも買っている投資信託<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンドを楽天スーパーポイントで500円分買い増しした。

私が楽天市場で商品を購入した時のポイントは以下のようになった。

・楽天会員で1倍
・楽天カードを使っているので+2倍
・楽天証券で条件を満たしたことで+1倍
・楽天ブックスで先日Google Home Miniを買ったので+0.5倍

これで4.5倍

今回、楽天モバイルと契約したことでさらに+1倍になるので、いずれ5.5倍になるだろう。


基本的には巷に溢れている各種ポイントには興味が殆ど無いし集めてもいないが、楽天スーパーポイントは投資信託や株を買うことができるのでありがたい。投資信託が買えるということはほぼ換金できるという意味に近い。

 

f:id:chatesen:20200726224931j:plain

楽天証券では楽天スーパーポイントで投資信託や現物株を購入できる

楽天スーパーポイントを間接的に換金しているようなものだ。

 

楽天の各種サービス自体は「業界最安値」というものはさほどないような気がするし、それぞれの分野で一番手とは言いがたいが、楽天経済圏に入ってみると得することもいろいろあるようだ。

  

 

 

[rakuten:rakutenmobile-store:10000051:detail]

 

楽天PointClub〜ポイント管理出来る便利なアプリ〜

楽天PointClub〜ポイント管理出来る便利なアプリ〜

  • 発売日: 2013/12/03
  • メディア: アプリ
 

 

 

www.chatesen.info