私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

読書水先案内 吉川元忠『マネー敗戦』

20年以上前の平成10年(1998年)に出版された本書だが、その内容は今でも全く色あせていない。


80年代には対米貿易黒字が大変大きく、日本は非常に大きな富を手にする。しかし、その代金はドル建てであったし、日本が米国に持つ資産もほとんどすべてがドル建てであった。米国の超円高ドル安戦略により急激な円高が進み、多くの国富が損なわれた。

マネー敗戦 (文春新書)

 

 

バブル崩壊後の九〇年代に入ると、円高によるダメージは一気に顕在化した。対米資産の大幅な減価に加え、円高によって生じた生産コストの歴然たる格差がモノ作り部門を直撃するのである。これに対して、アメリカは、円高によって失うものは何もなかった。為替市場を味方に、辛くもドル暴落の危機をすり抜けて、未曾有とも言える長期の景気拡大を続けることになる。ブレストウィッツ流に言えば、「日米再逆転」である。

  

円の過大評価は、次章で見るように、日本経済の明日がかかるハイテク関連産業の海外展開を過度に進め、これら産業部門の空洞化を招く


今もなおハイテク関連産業の空洞化は進んでいる。これは超円高により、日本でモノを作っても利益を上げることが極めて困難な状況によるところが大きい。


全く本書の指摘どおりの状況である。

 

 

マネー敗戦 (文春新書)

マネー敗戦 (文春新書)

  • 作者:吉川 元忠
  • 発売日: 1998/10/22
  • メディア: 新書
 

  おすすめ度★★★★☆

 2012年頃読了

 

 

円がドルに呑み込まれる日

円がドルに呑み込まれる日

  • 作者:吉川 元忠
  • 発売日: 2005/02/20
  • メディア: 単行本
 
アメリカの産業戦略

アメリカの産業戦略

 
マネー敗戦の政治経済学

マネー敗戦の政治経済学

 

  

ドル暴落後の日本 新・マネー敗戦 (文春新書)

ドル暴落後の日本 新・マネー敗戦 (文春新書)

  • 作者:岩本 沙弓
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 新書
 

 

 

www.chatesen.info

www.chatesen.info

www.chatesen.info