私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

Amazonで買ったApple Pencilにそっくりな激安スタイラスペン KINGONEスタイラスペンがiPad Air2で使い物になるのか検証

巷にあふれるスタイラスペンだが、Apple Pencilほど性能が高く書きやすいものはなかなか目にしない。描画が遅れることもほとんどないし、かなり正確に、思い通りに文字を書ける。それでもApple Pencilは値段が高いので気軽には買えない。それにApple Pencilは対応しているデバイスが少ない。iPadではiPad Proなどの上位機種のみ対応。私が持っているiPad Air2は非対応。iPhoneではそもそも使えない。

私はApple Pencil(第2世代)を持っているが、古いiPad Air2で使うため、また、予備として何本かスタイラスペンを持っておきたいのでAmazonで探してみた。

Amazonでは多くのスタイラスペンが販売されている。大きく分けると、電力を必要とするものとしないものがある。また、ペン先が細いものと太いものがある。ペン先が太いものはそもそも検討外。また、ペン先に円盤が付いているものも敬遠したい。

そうやって探してみると、数あるスタイラスペンの中でも異彩を放っているのがこの製品だ。

タッチペン KINGONEスタイラスペン 極細 超高感度 iPad/スマホ/タブレット対応 たっちぺん 磁気吸着機能対応 ipad ペン USB充電式 スマホ ペン

タッチペン KINGONEスタイラスペン 極細 超高感度 iPad/スマホ/タブレット対応 たっちぺん 磁気吸着機能対応 ipad ペン USB充電式 スマホ ペン

 

前は目にしなかった気がするけれど最近はAmazonでよく見かける。YouTubeでもさかんに取り上げられているのでけっこう売れているのだろう。ペン先は細く、金属や導電性繊維の素材ではなく、プラスチック系の素材でできている。私はタブレットにガラス製のフィルムを貼っているので、金属のペン先で書くときの硬さと音、滑る感じが苦手だがその点は問題がなさそう。USB Type-Cで充電できるのも非常に良い。磁気吸着機能が付き、iPad Proの本体にくっつけることができる。さらに、Bluetooth接続を必要とせず、タブレットやスマホ側に特別な機能を必要としないので、多くのタブレットやスマホで使えるという。
値段も格安。私は2500円ほどで買った。 

 

f:id:chatesen:20210604000035j:plain

 

 

到着したスタイラスペンとApple Pencilを並べてみると、やはりかなりそっくり。見比べてもほとんど区別がつかない。明らかに違うのは充電用のUSB Type-C端子が見えることくらいだ。手触りも似ている。

f:id:chatesen:20210604000159j:plain

上がApple Pencil。下が今回購入したスタイラスペン。外観は非常に近い。

 

f:id:chatesen:20210604000451j:plain

だが、何よりも大切なのはもちろん書き味。手持ちのiPad Air2で試すとなかなか良い。線がとぎれることがほとんどなく非常になめらか。この手のスタイラスペンにしては相当良い。

問題としては、タブレット表面に触れているペン先と実際に描画される位置が少しずれていることくらい。なお、圧力の検知ができないので絵を書くのにはあまり向いていないと思う。

 

私はiPad Air2でGoodNotes 5を使っている。ペン先と描画される位置とはおよそ1mmくらいずれている。そのため正確な位置に線を引くことやきれいな字を書くことは正直言って難しい。だが、この不便さも少しの工夫でだいぶ軽減される。それはGoodNotes 5に搭載されている拡大機能を使うことだ。GoodNotes 5では表示されている画面上をタップし続けると「拡大/縮小」のメニューが現れる。このメニューをタップするとその周辺の拡大画面が表示される。

 

f:id:chatesen:20210605230707p:plain

ペン先で画面に触れている位置と実際に線が引かれる位置はこのように多少ずれている。このため、そのままでは文字を書いたり絵を描いたりするのには多少の不都合がある。もちろん、指で書くよりはずっとマシ。 

 

 

f:id:chatesen:20210605230957p:plain

GoodNotes 5を使用中に画面をスタイラスペンで一部分をタップしたままにすると、「拡大/縮小」のメニューが表示される。

 

この拡大された画面では実際よりも線が太く表示される。拡大しているのだから当たり前だが。線が太く表示された状態では、ペン先と線のズレがさほど気にならなくなり書きやすくなる。ちょっとひと手間必要ではあるがかなり便利な機能だ。

f:id:chatesen:20210605231453p:plain

拡大画面では線が太く表示されるのでペン先と描画された線のズレが気になりにくく書きやすい。ペン先の下にちゃんと線が描かれている。

 

Apple Pencilも今回購入した KINGONEスタイラスペンも軸が細く、滑りやすい素材なので長く使っていると指が疲れてくる。それを解消する製品がこちら。

f:id:chatesen:20210605232813p:plain

 

 別にスタイラスペン用でもなんでもない鉛筆の持ち方を補助するグリップ。これを装着する。

f:id:chatesen:20210604001849j:plain

この「クツワ STAD 鉛筆グリップ プニュグリップ 右手用 」を装着することで、指が滑りにくくなり快適になる。

いくら筆記をしても手が痛くならないのであらゆるペンに装着している。筆記時の指の痛さに困っている方には良い製品だと思う。しかも驚くべきはこの価格。4個入りで130円くらいである。1個あたり40円もしないのだ。とても気に入ったので私は10パックくらいまとめ買いしている。ずっとこの値段を維持してほしい。また、いつまでも販売してほしい。

 

この製品には左手用も存在する。右手用と値段もほとんど変わらない。クツワさんはなんと優しい会社なのだろう。

 


結論

このスタイラスペンはiPad Air2でGoodNotes 5を使い、拡大機能を活用すれば勉強に利用する用途においては十分使える。

 

あまりに気に入ったのですでに2本目を注文した。

届いたのがこちら。

f:id:chatesen:20210605002546j:plain

 

プニュグリップも大量に購入。

f:id:chatesen:20210605002603j:plain

 

 

 

 

 幸運なことにApple Pencilに対応したiPadを持っている方で予算が許す方は素直にApple Pencilを買った方が良いかも。Apple Pencilには第1世代と第2世代があり、それぞれ対応している機種が異なります。十分にご注意ください。詳しくはリンク先のページやAppleの公式サイトでご確認ください。

 

 

■Apple Pencil (第1世代)

対応デバイス

iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)、iPad(第6世代と第7世代)、12.9インチiPad Pro(第1世代と第2世代)、10.5インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro

Apple Pencil (第1世代)

Apple Pencil (第1世代)

  • Apple(アップル)
Amazon

 

 

 

■Apple Pencil(第2世代)

対応デバイス

12.9インチiPad Pro(第3世代、第4世代、第5世代)、 11インチiPad Pro(第1世代、第2世代、第3世代)、 iPad Air(第4世代) 

Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

  • Apple(アップル)
Amazon

 

 

www.chatesen.info