私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

佐藤優『メンタルの強化書』

著者の佐藤優氏はとてもパワフルで強い人物だと思う。タフな外交官でロシア情勢に明るく、ウクライナ危機でも引っ張りだこだ。そんな佐藤優氏が自分勝手で図々しい下品な人たちに心を削られない働き方を教えてくれる本。

 

メンタルの強化書

メンタルの強化書

夏目漱石は名作『吾輩は猫である』で「三かく人間」のことを書いています。「三かく」とは、「義理を欠く」「情を欠く」「恥をかく」の「三つのかく」のこと。
(中略)
「三かく人間」は無敵です。自分を縛るものや良心の呵責がないのですから、その意味では自由です。こういう人間は平気で他人を裏切り、蹴落とします。もちろん心を病むことなどありません。その分他人を病気にしてしまいますが……。
大きな組織の中間管理職以上には、「三かく人間」がたくさんはびこっているので大変です。もしも皆さんが、このような人物が目標であるならば、この『メンタルの強化書』は一切役に立ちません。
おそらく読者の皆さんは「三かく人間」でもなければ、それを目指しているわけでもないでしょう。
むしろいまの世の中にあって、どこか違和感があると感じ、適応し切れないものを抱えているのではないでしょうか?
そして時として心が折れそうになる。そんな弱さを何とかしたいと考えている人がほとんどではないでしょうか?

著者はこのような感性をお持ちであり共感するところが多い。著者の指摘するような「三かく人間」はたしかに存在しており、私も何度か遭遇したことがある。良心の呵責がないから平気で人を裏切りまくっているのだ。三かく人間は権謀術数を駆使するためか意外と出世が早い場合も多い。ただ、馬脚を現すことも多く、いずれは周りを巻き込んで自滅する傾向にある。
 いずれにしても三かく人間が存在すると周りは苦労する。心当たりのある方にはぜひこの『メンタルの強化書』をお読みいただき、気持ちを強くしなやかにしてほしい。