私立文系大学卒会社員が米国株で徐々に収入を得ながらプライベートキャンプ場を作る

私立文系大学卒会社員が米国株で徐々に収入を得ながらプライベートキャンプ場を作っていくブログです。

15回目のとらふぐ。山口ふぐ本舗きらくさんからとらふぐの刺し身をまた取り寄せました。

またまた山口ふぐ本舗きらく様からとらふぐを取り寄せた。約2年でとらふぐを注文するのはプレゼント用を含めて15回目。
値段も手頃だし、美味しいので、15回中13回は山口ふぐ本舗きらく様から取り寄せている。
あす楽に対応しているらしく、今回も注文日翌日には到着。
f:id:chatesen:20220907131552j:image

こんな感じでふぐ刺しが2皿。同じ皿にふぐ皮の湯引きも入っている。
f:id:chatesen:20220907131704j:image

さらにさつま揚げ風のふぐ天も付いている。ふぐ刺しが旨いのは当然として、ふぐ天も最高。ふぐ天は柚子胡椒やわさび醤油で食べる。
f:id:chatesen:20220907132757j:image


食べる時間の4時間くらい前に冷蔵庫移して解凍。常温や流水でも解凍可能だが、より美味しく食べるには冷蔵庫での解凍が良いと思う。

f:id:chatesen:20220908101327j:image

解凍後は皿が透けて見える美しさ。
f:id:chatesen:20220907131759j:image

とらふぐの刺し身は適度な歯ごたえと弾力があり、非常な美味。高級魚と呼ばれるのも納得の美味しさ。
普段は刺し身を食べないうちの飼い猫ちい(約5歳)にほんの少し与えてみたら美味しそうに食べた。とらふぐはクセも少ないので生魚を食べない猫にとっても美味しいのだろうか。

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

私立文系大学卒会社員が米国株で徐々に収入を得ながらプライベートキャンプ場を作る - にほんブログ村