私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

読書水先案内 加谷珪一『お金持ちの教科書』お金持ちになるための指南書 豊かになりたい人には必読の書である

お金持ちになるための考え方を示した本。
一般の人たちが思うお金持ち像は実際とは結構ちがう。
お金持ちはゴールドカードを使い、高級なタワーマンションに住んでいると思っている印象を持っている人がいると思うが、実際にはそうではない人が多いという。

f:id:chatesen:20201004225952j:plain

 

 

タワマンに住む人はお金持ちではない?

 最近はタワーマンションブームで多くのタワーマンションが建設されている。だが先にも触れたように、東京の「一等地」の高台には多くの先住者がいる状態だ。したがって新しい高級マンションの多くが、これまではあまり高級とは言われていなかった低地や海沿いに建てられている。
 一部ではタワーマンションはお金持ちの象徴とされているようだが、現実はだいぶ違うようだ。タワマン居住者は、新たな破産予備軍とも言われているのである。

 

続きを読む

読書水先案内 カレン・デュロン著、金井真弓訳『ハーバードビジネス・レビュー 社内政治マニュアル』

職場に嫌な奴はいないだろうか。自分の出世欲のために、周辺への迷惑を顧みず、ろくでもないことばかりしている人間はいないだろうか。そういう人々へ対抗するためのマニュアルである。

 

ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル

 

非生産的な対立が「年3500憶ドルもの損失」を生む
「手に負えない最低人間」にはひとりで立ち向かうな

続きを読む

読書水先案内 竹内薫『教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る』

人は話し方によって教養があるかどうかを判断されてしまうという内容。
その通りだと思う。妙な略語や奇妙な流行語ばかりを使っている人にはどうしても知性を感じにくい。

教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)

 

 

略語や流行語の中には特定のグループや世代でしか通じないものも多い。グループや世代への帰属感を感じるためにあえてそのような言葉を使っている人もいるだろうが知的に感じられないし、ちょっと時間がたつとそんな言葉は少々恥ずかしく感じてしまうものばかりだ。

 

 

例えば「日本語俗語辞典」のサイトに俗語の一覧があった。以下はその一部。

 

続きを読む

読書水先案内 長谷川裕雅『実践に学ぶ経営戦略 あの企業のお家騒動』どんな会社も必ずモメる。

誰でも聞いたことのあるような有名な会社のお家騒動の顛末と、お家騒動を起こさないための対策集のような本。

 

実例に学ぶ経営戦略 あの企業のお家騒動

 

掲載されているお家騒動は驚きの18社分である。その中でも興味を持てたものは

続きを読む

読書水先案内 ミステリの女王アガサ・クリスティの短編集『マン島の黄金』

『マン島の黄金』はアガサ・クリスティの短編集である。12の短編が収められている。奇妙な話や不思議な話もあり、わかりにくいものもあった。以下は一部の短編に対する感想である。

マン島の黄金 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ネタバレと言えるほどのものは書いていない。

続きを読む

読書水先案内 ミステリの女王アガサ・クリスティの代表作『ABC殺人事件』

予告状のとおりにアルファベット順に町が選ばれ、その町と同じイニシャルを持つ人物が殺されていく。死体のそばには「ABC鉄道案内」が置かれていた。ABC鉄道案内は駅名をアルファベット順に並べた時刻表である。従来の時刻表は駅を路線別に並べていた。駅をアルファベット順に並べた本書は、路線という「意味」を無視して駅名だけで検索できる画期的な時刻表であった。

 

f:id:chatesen:20200924233306j:plain

 

つまり、「ABC鉄道案内」が置かれていることは殺人が無作為に、アルファベット順に行われていることを象徴的に示すものだ。

続きを読む

読書水先案内 アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティとはミステリーの女王と呼ばれた推理作家である。

『そして誰もいなくなった』はミステリーの女王と呼ばれるアガサ・クリスティの代表作の一つである。アガサ・クリスティの小説の中では最も売れた作品だ。

f:id:chatesen:20200924000131j:plain



物語はイギリスの小島「兵隊島」に、年齢も職業も異なり互いに知り合い同士でもない8人が招待されたことに始まる。

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)

続きを読む