私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

5G関連銘柄にはどんなものがあるか1 通信用半導体の設計開発を行う企業 クアルコム

 スマホ関係では5Gの話題で持ちきりだ。5GのGとはGeneration(世代)のGである。ではその前の世代ではどんなことができたのだろう。

f:id:chatesen:20200223000659p:plain

世代 できることなど
1G アナログ式、音声通話
2G デジタル式、簡単なメールやウェブ
3G デジタル式、画像を使ったウェブ、マルチメディア
4G デジタル式、より高速化、動画を使ったウェブなど

※この表は概要を示すものです。厳密なものではありません。

 

だいたいこんな感じである。実際には使える機能やサービスは世代をまたぐことも多いため、厳密なものではない。
たとえば3Gでも動画の再生自体は可能だったが、4Gになり、速度が向上し動作も機敏になった。

5Gは更に高い周波数帯を用いることにより、通信速度は更に高速化する。また、データの遅延が減少する。これまでは1基地局に接続できる端末の数は数個程度だったが、これが100個程度になるという。

 

使用する電波の周波数帯は国やキャリアによっても異なるが、24GHz以上であったりと極めて高い周波数である。
周波数が高くなるということは、電波の直進性が高くなるということである。少しの物陰でも電波が届くにくくなる可能性があるし、届く距離も短くなる。アンテナがたくさん必要になるかもしれない。また、通信時の消費電力が増えるので大容量バッテリーが売れるかもしれない。通信用チップも5Gに対応したものが必要だ。


そうすると5Gの普及でメリットを得る企業はどこだろう。

スマホの買い替えが進むので、スマホメーカー

スマホメーカーから委託を受けて各種半導体を製造するメーカー
アンテナメーカー

など、少し考えるだけでもいろいろ出てくる。


スマホに使用する通信用チップを開発するクアルコム(QCOM)はどうだろう。
記事を書いている時点の株価は87.03ドル。

配当支払月は3月、6月、9月、12月で、利回りは2.77%である。

 

 

 

 

 

当記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。