私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

配当貴族銘柄を買っていこう1 コロナショックでも増配継続! ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル

配当貴族とは何年も増配を続けている銘柄である。このような銘柄は日本株ではあまり多くない。米国株には配当貴族といわれる銘柄が多く存在する。その中で今回取り上げるのはピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャルである。

 

f:id:chatesen:20200628173914j:plain

配当貴族とは何年も増配を続けている銘柄である

ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャルはなんと26年連続で増配を続けている。(2019年現在)

 

絶対とは言わないが、今後も増配を続ける可能性があるといえるだろう。

最近はコロナショックで株価が下がっており、株価は10.83ドルとなっている。(2020年6月27日)

この株価で計算すると利回りは6.29%。かなりの高配当銘柄だ。

配当支払月は、1月、4月、7月、10月。購入決定である。

 

配当支払月カレンダー

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コストコ                
コカ・コーラ                
マイクロソフト                
アップル                
モルガン・スタンレー                
TSMC                
フィリップモリス                
エクソン・モービル                
クアルコム                
ギリアド・サイエンシズ                
SPDR S&P 500 ETF                
ZOOM                        
ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル                
配当支払い銘柄数 4 3 5 4 3 5 4 2 6 4 4 4

 

年間配当回数 48回 

 

 

 

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源

「年100回配当」投資術ー日本人が知らない秘密の収入源

 

「年100回配当」とは魅力的なキーワードだ。年に100回も配当を受け取るなんて、どれだけ多くの資金が必要なのだろうと思ってしまう。日本株なら確かにそのとおりだ。日本株では多くの場合に年1~2回しか配当がない。日本株だけで年100回も配当を受け取るには50銘柄~100銘柄の保有が必要。かなりの資金が必要だ。ところが米国株ならさほどの資金が必要となるわけではない。米国株には年に4回配当がある銘柄が多い。このような銘柄なら25銘柄で「年100回配当」が実現する。しかも、100株単位での取引が必要な日本株と異なり、米国株は1株ずつ購入可能。日本株での場合より圧倒的にたやすく「年100回配当」が実現する。