私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

世界最高の投資家ウォーレン・バフェットの伝記『スノーボール』

 大金が入った財布の値段が中身の金額よりも安いときに買う。世界最高の投資家ウォーレン・バフェット氏の投資はこのような哲学で行われているように感じる。

ウォーレン・バフェット スノーボール

世界長者番付では何度も2位にランクインし、2007年には1位となった。
これほどの大金持ちだが、生活は基本的に質素であり、何十年の前に買った古い家でずっと暮らし、食事はほとんどの場合、ハンバーガーとコカ・コーラしか摂らないという。資産の大部分は、今後、メリンダ・ゲイツ財団などの慈善活動を行う団体に寄付するそうである。
また、出身地のオマハに現在でも居住し、オマハの賢人と呼ばれている。

ウォーレン・バフェット氏の投資方法について触れた書籍は星の数ほど存在するが、バフェット氏自身による著作や自伝はない。
そのため、『スノーボール』(アリス シュローダー著)が、最もウォーレン・バフェットについてよく知ることができる本だろう。
およそ700ページずつの本の上下巻なのでなかなか骨が折れたが、さすがにこれだけの分量を割いているだけのことがあり、氏の幼少期から青年期、現在に至るまでの投資の履歴、例えばチューインガムやコーラを安く買って近所に売っていたこと、保険会社の購入や、家具販売店の購入、数々の失敗など、他の書籍よりも圧倒的なボリュームで書かれている。ちょっと嫌なやつだなと思ってしまうエピソードもいくつかあった。
ウォーレン・バフェット氏の投資手法を取り入れたい方にはこの本を読むことをおすすめしたい。


ルール その1:絶対に損をするな。ルール その2:絶対にルール1を忘れるな

 

 

 

記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。