私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

その時米国が動いた5 ポルトガルのアフリカ西岸探検

1437年、エンリケ航海王子はモロッコのタンジールを攻撃した。タンジールはセウタの南西の港町である。この攻撃は失敗し、イスラム勢力に撃退されてしまう。この時に弟のフェルナンド聖王子がイスラム勢力の捕虜になる。フェズ王国の君主がセウタと引き換えにフェルナンド聖王子を解放すると言ってくるが、フェルナンド聖王子はこれを拒否。ポルトガルも応じなかった。6年後にフェルナンド聖王子は他界する。

1441年にはポルトガルの船団はブランコ岬に到達する。ブランコ岬という岬はブラジルにも存在するが、ポルトガル船団がこの時到達したのはモーリタニア沿岸であり、別の場所である。
この後もポルトガルの船団はアフリカ西岸南下に挑み続ける。

 

 

ポルトガルによるアフリカ西岸の探検

1419年 マデイラ諸島発見
1427年 アゾレス諸島発見
1434年 ボハドル岬周辺の探検に成功
1435年 ボハドル岬より240km南へ到達
1437年 タンジール攻撃に失敗
1441年 ブランコ岬を発見
1445年 ヴェルデ岬を発見
1450年 カーボベルデにて群島を発見
1460年 シエラレオネ沿岸に到達

 

ポルトガルによるアフリカ西岸の探検地図

ポルトガルはアフリカ西岸を南下。1460年にはシエラレオネまで到達する。

1460年になり、ポルトガルはシオラレオネに到達する。この年にエンリケ航海王子は66年の生涯を閉じる。プレステ・ジョアンの国は発見できなかったが、イスラム勢力を迂回してアフリカ西南岸へと至る航路を発見した。ポルトガルが黒人社会に直に接することができるようになったのである。もっとも、アフリカの黒人にとっては不幸なことであった。すでにこの時期から、ポルトガルはアフリカ西岸にて象牙や金、黒人奴隷を獲得しはじめたからである。