私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

その時米国が動いた4 ボハドル岬への挑戦

 

エンリケ航海王子はボハドル岬周辺の探検をジル・エアネスに命じた。ジル・エアネスはポルトガルの探検家だが、探検家となる前のことはほとんどわかっていない。
ジル・エアネスは1433年にカナリア諸島付近の探検を行い、ボハドル岬より離れた場所の人々を捕虜として帰ってきた。
しかし、エンリケ航海王子はこの知らせには喜ばなかった。
エンリケ航海王子はやはりボハドル岬周辺の探検を欲していたのである。

ボハドル岬周辺の探検は難しい。海も荒れている上に、陸地にはサハラ砂漠が横たわっているからだ。サハラ砂漠は言うまでもなく世界最大の砂漠である。気温が高く、水も手に入らない。

 

f:id:chatesen:20200526005805j:plain

ボハドル岬の東にはサハラ砂漠が広がっている

 

サハラ砂漠の位置

 

 

1434年になり、ジル・エアネスは再び航海を行った。ついにボハドル岬を超えることに成功した。岬周辺の地質や水質を調査し、証拠の品として植物を採集した。
1435年にはボハドル岬より南に240kmも進むことができた。エンリケ航海王子の挑戦により、ボハドル岬より南への航海を拒む壁が壊されたのである。

 

 

   

 


 

 

記事に含まれる解説や定義等は学術的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。正確な内容を心がけていますが、万一、誤っている点があっても一切の責任を負いません。了承いただいたうえでご利用ください。