私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

エジプト古代文字の解明はロゼッタストーンなしでは不可能だった

かのナポレオンがエジプトに遠征したときにロゼッタという港町で発見された石碑がロゼッタストーンである。
1801年にイギリスがエジプトのフランス軍を降服させたため、ロゼッタストーンはイギリスの手に渡り、それ以来イギリスの大英博物館で展示されている。フランスが発見したのに、イギリスの博物館に展示されているという点は注意。

ロゼッタ・ストーンは以前は大英博物館の入り口付近にむき出しのままで展示されていた。私も見学に行ったときに恐る恐る手で触れてみた。現在はケースに収められており手で触れることはできないそうである。残念だがロゼッタ・ストーンの保存のためには仕方ないことかもしれない。

f:id:chatesen:20200709211824j:plain

大英博物館でロゼッタストーンが展示されている

 

Rosetta Stone

 / Public domain

ロゼッタ・ストーンにはエジプトのヒエラグリフ(神聖文字)とデモティック(民衆文字)、ギリシア文字の三種類の文字で同じ意味の文が書かれている。碑文の内容はシャンポリオンによって1822年に解読され、古代エジプトで使用されていた象形文字の解読に大いに役立った。

 

 

Leon Cogniet - Jean-Francois Champollion

レオン・コニエ / Public domain

ロゼッタストーンの研究によりエジプトの象形文字を解読したジャン=フランソワ・シャンポリオン