私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

ASAHIネットがようやくIPv4 over IPv6接続に対応!2 IPv4 over IPv6で驚きの高速化が実現

今でも多くのウェブサイトはIPv4にしか対応していない。せっかく速度が落ちにくいと言われているIPoE方式でIPv6接続しているのに、IPv4のウェブサイトには不利なPPPoE方式でしか接続できないというASAHIネットへの不満。

ところが、2021年4月になって事態は急変した。なんとASAHIネットでも「IPv4 over IPv6接続」が提供されるようになったのだ。IPv6を使ってIPv4のデータを流せる。これでIPv4対応サイトも快適になるだろう。

 

ASAHIネットでの「IPv4 over IPv6接続」は、DS-Lite(Dual-Stack Lite)という方式だ。

ASAHIネットの案内ページによると、「IPv4 over IPv6接続」を利用するには以下の条件を満たす必要がある。

 

1.IPv6接続機能のIPv6接続(IPoE方式)の必要条件を満たすこと
2.利用している光回線が、「フレッツ 光クロス」またはそれ相当の回線であること
3.対応ルータを利用していること

私はすでにIPoE方式を利用しており、1.については問題ない。2.も問題ない。3.はどうだろう。

私はNTT西日本から提供されているRT-500KIという光電話ルーターを使っている。ASAHIネットのページで確認したところDS-Lite対応ルーターとしてしっかりと掲載されている。ということは追加投資無しで「IPv4 over IPv6接続」を利用できるということだ。

念のためにNTTのサイトで確認すると、DS-Liteを使うためにはRT-500KIのファームウェアをVersion 07.00.0030以上に上げる必要があるようだ。RT-500KIは自動的にファームウェアをバージョンアップする機能があるので、通常の場合は最新のバージョンになっているはず。
私の場合も自動的に最新版にバージョンアップされていた。

f:id:chatesen:20210406234129p:plain

RT-500KIのファームウェアについて詳しくは以下

 

NTT東日本の場合

ホームゲートウェイ/ひかり電話ルータ(RT-500KI)|バージョンアップ情報|サポート情報|通信機器トップ|Web116.jp|NTT東日本

 

NTT西日本の場合

情報機器ナビゲーション

 

そうすると、あとはASAHIネットの申し込みページで手続きするだけ。

asahi-net.jp


ASAHIネットのIDとパスワードを使ってかんたんに手続き完了。
日曜の深夜に申し込んだが、翌日の朝には「IPv4 over IPv6接続提供中(DS-Lite方式)」と表示されるようになっており、あっけなくIPv4 over IPv6が使えるようになった。

f:id:chatesen:20210406234210p:plain

スピードテストの結果は以下のとおり。

 

 

IPv4 over IPv6接続開始前

f:id:chatesen:20210405005706p:plain

 

IPv4 over IPv6接続後

f:id:chatesen:20210406234323p:plain



追加費用は1円もかかっていないがIPv4がおどろくほど高速化し、およそ14倍の速度である。いくつかのウェブサイトを表示しても以前よりずっと速い。以前と比べるとまさに爆速化。これは良い。非常に満足である。

 

  なお、ASAHIネットの案内ページによると、NTT提供以外のルーターでASAHIネットのIPv4 over IPv6接続(DS-Lite方式)対応ルーターは以下のとおり。


アイ・オー・データ機器   WN-DX1200GR

 

 NECプラットフォームズ  Aterm WG1200HS4

NEC 無線ルータ PA-WG1200HS4-G86

NEC 無線ルータ PA-WG1200HS4-G86

  • 発売日: 2020/10/18
  • メディア: Personal Computers
 

 NECプラットフォームズ  Aterm WG1200HP4

NEC Aterm WG1800HP4 PA-WG1800HP4

NEC Aterm WG1800HP4 PA-WG1800HP4

  • 発売日: 2018/10/11
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

バッファロー WSR-1166DHPL2