私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

博多ラーメンよりは少し濃い?山小屋ラーメンを食べに行った。

筑豊とは飯塚市・直方市・田川市などを中心とした地域。石炭を産出し以前は栄えていた。炭鉱労働者向けに甘いものが大いに売れた。炭鉱労働者はこれらのお菓子を土産としてもあちこちに持ち帰ったのでひよ子の吉野堂や千鳥饅頭の千鳥屋など、この地域を発祥とするお菓子が福岡のお土産として広く親しまれることとなった。

そんな筑豊から全国に100店以上も展開しているのがこの山小屋ラーメン。1970年創業なので50年以上の歴史を誇る。最近、山小屋ラーメンに食べに行った。

f:id:chatesen:20220616144945j:image


f:id:chatesen:20220616144959j:image


f:id:chatesen:20220616145018j:image

替え玉ができること、高菜、にんにく、紅しょうがなどが取り放題であること、ストレートの細麺であることなど、いわゆる博多ラメーンとの共通点が多い。

一般的な博多ラーメンよりも少し塩辛いスープ。色も少し茶色が濃い。とんこつの匂いはそんなにくどくない。麺は細麺ではあるが博多ラーメンよりは少し太めの印象。

餃子やチャーハンなどサイドメニューも充実している。