私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

どうやってクレジットカードの返済を早く終わらせるか。

調査によって多少差はあるが、日本でのクレジットカードの平均保有枚数およそ2.5枚~3枚に及ぶという。

クレジットカードの返済を早く終わらせる

複数のカードでの返済が嵩み、毎月の支払額が多くなってしまったらどうすればよいのだろうか。
もし、手に負えないくらいの金額に達したら、家族に借りて支払ったり、弁護士に相談したりする必要があるだろう。そこまでではなく、なんとかなる程度、それでもなかなか厳しいという状況の時は、まず、新たにカードで買い物するのをやめ、バイトでも節約でも何でも良いから毎月数千円でも返済額を増やす。

 


その数千円を使って、返済期間の残りが少ないカードの返済額を増やす。そのカードの返済が終わったら、増やした数千円+返済期間の残りが少ないカードの返済に当てていた金額をまた別のカードの返済に当てるという方法でどんどん支払いが必要なカードの枚数を減らしていくと良いだろう。

 


もし可能なら、より金利が高いカードの支払いを早めに終わらせるのが良い。もし、少しでもまとまった資金を作れたら、それをカードの返済に一気に当て、残高を減らす。傾斜返済方式である。

私はお金の管理が下手なので、カードは基本的に使わない。カードを使うのはカードでしか支払う手段がないものや、カード以外の支払い方法ではかなり不便な場合だけである。ただし、それでもETCの支払いなど何枚かは必要としている。

クレジットカードの多くは、使用金額に応じてポイントがもらえるし、翌月払いなら金利もかからないが、計画的に利用し、余計な支払いを増やさないように気をつけたい。

 

 

当記事は単なる情報提供を目的としたものです。記事に含まれる解説や定義等は学問的なものではありません。また、個人の感想と意見を多分に含みます。投資や特定の銘柄の購入を勧めるものではありません。
株式投資には株価の変動リスクの他、複数のリスクがあります。当ブログの内容に基づいて取引等を行い、損害を被った場合でも、一切の責任を負いません。投資は必ず自己責任で行ってください。