私立文系大学卒会社員の米国株で徐々に逆転日記

米国株への投資で徐々に人生の逆転を目指すしがない私立文系大学卒会社員のブログです。

2万円台前半で買える驚愕のカラーレーザープリンター!超高コスパA4カラーレーザープリンターブラザー JUSTIO HL-L3230CDWを自宅用に注文した。

私は何でも印刷して読むプリンターの超ヘビーユーザーである。これまでに購入したプリンターは10台を下らないが、そのうち7台以上はCanonのプリンターを使ってきた。当時は他社製品と比べてCanonのプリンターは耐久性や印刷速度の面で他社を圧倒していたように思えたからだ。

f:id:chatesen:20201019235940j:plain



ところが、ある時期からCanonのプリンターは使用するインクが目まぐるしく変わるようになった。プリンターを買い換えると以前のインクが無駄になるという問題が発生。そのうえ、廃インク吸収体の廃インクがすぐにいっぱいになる問題も発生。廃インク吸収体がインクを吸収できなくなると、インクとは関係のないはずのスキャナー機能まで使えなくなるという仕様。さらに、以前はユーザー側でできたヘッドの交換が不可能になってしまった。

 

これでCanonのプリンターには嫌気がさし、ブラザーのプリンターを使うようになった。もちろん、ブラザーのプリンターだからといって上記の問題が発生しないわけではない。それでも価格面での有利さなどもありブラザーのプリンターを使っている。

 


さて、インクジェットプリンターの欠点は、なんと言っても印刷速度の遅さと、インクの乾きにくさと、耐水性の低さだろう。蛍光ペンでマークしたときの滲みやすさも大問題だ。

蛍光ペンを使ったときの滲みやすさはモジニラインでクリアできた。しかし、インクジェットプリンターの印刷速度の遅さを克服することはなかなか困難だ。

最近は仕事が忙しく帰りが遅い。インクジェットプリンターの印刷の遅さにはもううんざりしてしまった。そろそろレーザープリンターを買いたいと思い、Amazonや楽天で物色していると、超高コスパの低価格カラーレーザープリンターを見つけてしまった。

それはブラザーのHL-L3230CDWである。このプリンターはカラーレーザープリンターなのに23000円未満で販売されているのだ。

※2020年10月現在

ブラザー レーザープリンター A4カラー/24PPM/両面印刷/有線・無線LAN HL-L3230CDW

 

しかも、ブラザーのサイトによると、「カラー/モノクロ約24枚/分の高速印刷」となっている。何というスピードだろう。私が使っているプリンターの3倍くらいのスピードである。これならストレスなく印刷できる。

「低ランニングコスト モノクロ約3.1円/枚 カラー約17.4円/枚を実現」

インク代もずいぶん安くつきそうだ。

 

これはもう買うしかない。

 

 

 

 

 

 

www.chatesen.info

 

www.chatesen.info